1月の研修コース

イタリア語教師のための研修コース L2-LS

言語Ⅲ島巡り - 外国人のためのイタリア語の創作教育クラス 1つ目の寄港地は、文法の中でも、とりわけ接続法の探求です。教師の経験がある人なら誰もが、この接続法が全ての外国人にとって、また同様に多くのイタリア人にとっても、恐るべき暗礁であることを心得ています。 次の寄港地は、言語と文化が作り上げる物語のプロットの研究です。 3つ目は、広告やその特殊言語の領域に上陸します。

イタリア語とイタリア文化、とりわけそれを教えることの豊かで実り多き旅は、外国人学習者の興味の源になるようでなければなりません。 このクルーズの帰路は、きっかけ、イメージ、テキスト、熟考、練習問題、アクティビティでいっぱいになるでしょう。 この愉快な旅の舵取りは、Loescher社出版の“Congiuntivo che passione!”や“Viaggio in Italia” I とIIの著者であり、当校無類の教育指導者である、ヌッチャ・デ・フィリッポとロレダーナ・キアッピーニが担当します。 コース期間:1週間 - 20時間 - 2017年1月16日~20日

期間中に取り上げるテーマ: ・テーマ別イタリア語教育 ・接続法 ・広告テキストの教育利用 ・味わいイタリア旅行 ・ローマ散策(芸術的関心地を巡るガイドツアー)

時間割表はこちらからご覧ください(PDF) 教育の構想を組み立てる(ヌッチャ・デ・フィリッポ) テーマ別イタリア語教育

このプログラムでは、教授法というのは、何よりもまず、生徒たちに形態と意味、言語と内容の関係を明確に理解させるためのデリケートな作業であるという考えを基本にしています。テキストや関連性のある内容を通して、生徒たちに、多岐にわたるイタリア語とイタリア文化に触れさせるため、テーマ別にコースを紹介していきます。生徒たちが上陸したり、さまざまな視点で言語を探検するために寄港する領土は、イタリア文化への最初のアプローチになります。

接続法(ヌッチャ・デ・フィリッポ) 接続法の語法の難しさは、外国人学習者だけでなく、多くのイタリア人にも周知の事実です。 しかし、接続法は単に贅沢なのではなく、話し手の身分証明書であり、人間の感情表出を色付ける感情、気分、見解、推測、一時的なつながり、比較、不測の事態に伴う表現方法なのです。 広告 - 少ない言葉と多くのイメージで、イタリアの過去と現在を物語る時代を写す効果 広告は、テキストアイコン、文書テキスト、音声テキスト、動画テキストなどを介して、言語と文化の要素を相互に取り入れ、他のジャンルよりも教材に適しています。

過去や現在の広告テキストの分析や比較は、私たちの国イタリアを支える文化的、社会的な価値がどうであったのか、今現在どうなのかを認識し、最新情報を取り入れるきっかけになるでしょう。言語的、文化的な内容の変化に注意を集中させながら、主に、テレビコマーシャルを考察します。 さらに、イタリア語のレベルの違いにも適応できる、広告ジャンルに関係する教育パターンも提案します。 味わいイタリア旅行 - 火山の麓のワイン:フルボディ、香りの強い、芳醇なワイン 郷土料理と一緒に価値ある特別なワインの紹介とテイスティングの会

ローマ散策 ・バロック時代のローマ ・建築の新しい展望:国立21世紀美術館と音楽公園 アウディトリウム

教師 ヌッチャ・デ・フィリッポ:1988年から“トッレ・ディ・バベレ”イタリア語文化センターにて、教育法と教師育成の責任者。テキスト“Un giorno in Italia 1”、“Un giorno in Italia 2”、“Congiuntivo che passione!”の著者(Loescher出版、ロレダーナ・キアッピーニ共著)。イタリア国内、海外にて教員研修活動に従事。 ロレダーナ・キアッピーニ:988年から“トッレ・ディ・バベレ”イタリア語文化センターにて、教育法と教師育成の責任者。テキスト“Un giorno

in Italia 1”、“Un giorno in Italia 2”、“Congiuntivo che passione!”の著者(Loescher出版、ロレダーナ・キアッピーニ共著)。イタリア国内、海外 にて教員研修活動に従事。 費用:

1週間 - 25時間(コース+文化活動)- 210€ 登録料:40€

費用に含まれるもの: ・宿泊先紹介サービス ・コース ・教材 ・文化活動(ワインテイスティング+ガイドツアー) ・受講証明書

費用に含まれないもの: ・登録料(40€) ・宿泊費 ・課外活動のための交通費 ・このプログラムに含まれない博物館、美術館、コンサート、イベントなどの入場料やピッツェリアやレストランでの夕食会など

宿泊先: このコース期間中、さまざまなタイプの宿泊先を紹介できます。海外、イタリアの各都市からの参加者に、当校はアパートやイタリア人宅ステイなどを探すサービスを提供しています。 予約には余裕を持ってお申込みください。1人部屋でも2人部屋でも構いません。部屋はコース開始日直前の日曜日から、コース終了日直後の土曜日の午前中までとなります。

ホテル: ホテルの予約も可能です。当然選択するカテゴリーにより、基本料金が異なります。1人部屋は最低70€から、2人部屋は最低140€からです。予約が早いほど、希望に近い金額で見つけやすくなります。 ワンルームや独立型のアパートなど、特別な宿泊先のリクエストは、学校スタッフにお問合せください。

キャンセル: 申込み後コースをキャンセルする参加者は、コース開始日より15日前までに、郵送またはメールにて連絡をいただいた場合は、銀行手数料を差し引いて、全額返金されます。これ以降につきましての返金はできません。

支払い: コース料金等の支払いは、コース開始日に全額お支払いを完了ください。返金はできません。