CILSイタリア語検定試験準備コース

CILS検定試験 (外国語としてのイタリア語検定試験)

CILS検定試験は、外国語としてのイタリア語のコミュニケーション言語能力度を証明する公式認定資格です。
CILS検定試験は、欧州評議会のヨーロッパ言語共通参照枠によって設定されたコミュニケーション言語能力6レベルのシステムを採用し、イタリアにおける外国人労働者のために具体的な評価基準を示したイタリア語検定です。
1993年から今日まで、イタリア国内や世界中の550以上の会場で、約10万人がこの検定試験を受験しています。
トッレ・ディ・バベレは、このシエナ外国人大学主導のCILS検定試験の準備機関として認可を受けています。CILS検定試験はイタリア語のコミュニケーション能力レベルを証明する公式資格であり、イタリア外務省イタリア教育省から承認されています。

CILS検定試験は、イタリア高等教育制度における、外国人学生の入学基準となっています。外国人として、CILS検定試験のレベルDue-B2を取得していると、大学入学のイタリア語能力試験が免除となります。

  • ローマ・トッレ・ディ・バベレで CILS検定試験準備コース
  • CILS検定試験とは?
  • 受験資格は?
  • CILS検定試験は何の役に立つ
  • CILS検定試験のレベル
  • 試験科目
  • CILS検定試験センター
  • 試験日程
  • 受験料
  • 申込書

CILS検定試験準備コース

この分野を熟知した当校の教師が、試験対策として、2タイプのコースの指導にあたります。

他に知りたいことはありませんか? ご質問はありませんか? お問合せ

CILS検定試験とは?

CILS – 外国語としてのイタリア語検定試験 – とは、イタリア語の習得達成レベルを測り、証明する検定試験です。仕事や学業などでイタリアと日常的に関わる方々、または単純に自身のイタリア語能力を評価したい方に有効です。

受験資格は?

イタリア語を学ぶ、働く、実際にイタリアと関わりがある、イタリア語能力を知りたいといった全ての方々が、このCILS検定試験を受けることができます。CILS検定試験は特別なメソッドや言語コースの型にはまったものではありません。受験者それぞれがより適切で、相応だと思われるようにCILS検定試験を準備することができます。

CILS検定試験を受験するためには、各受験レベル基準に適合したイタリア語の知識さえあれば、特別な資格は必要ありません。一般的な認知能力、母語における十分な言語スキル、ラテンアルファベットの知識が必要です。CILS検定試験では、ヨーロッパの社会や文化についての最低限の知識と地理的、歴史的、文化的なイタリアについての一般常識が問われます。


8歳から16歳の方々はレベルA1A2の申込用紙が別途あります。

CILS検定試験は何の役に立つ


CILS検定試験は仕事、研究分野への参加、イタリアの大学への入学、イタリア語教育、イタリア語での正式特定能力レベルの提示を要求されるあらゆる分野でも活用できます。CILS検定試験は 達成目標を作り、それが言語習得のためのモチベーションを高めることにつながります。

海外で事業展開したり、外国人従業員の雇用を希望したりする多くのイタリア企業、またはイタリアと通商関係のある外資系企業は、従業員が引き受けなければならない職務に基づき、CILS検定試験の証明書の所持を求めます。

イタリアの大学に入学するための必要最低レベルは、レベルDue-B2です。このレベルを有するEU圏外の学生は、イタリア語知識証明試験が免除になります。

レベル3-C1またはレベルQuattro-C2を有する外国人学生は候補者リストに加わる際、加点されます。

CILS検定試験のレベル

CILS検定試験のシステムはCEF(ヨーロッパ言語共通参照枠)で定められたガイドラインに沿っています。そのため、公認の能力レベルは6つです。それぞれのレベルが社会、専門、知識の面で、それぞれのニーズに基づき完結、自立しています。

CILS A1CILS A2レベルはイタリア語学習初歩段階の方々向けです。レベルA1 は第二言語としてイタリア語を始めたばかりのレベル、一方レベルA2は少し理解力が上がったものの、まだステップアップ中のレベルです。CILS検定試験におけるレベルA1、レベルA2 ともに、受験者のニーズ等によって申込書を区別し、構成しています。

イタリア在住移民の子供たち用申込書、日本語・中国語などイタリア語とは著しく異なる言語を第一言語とする成人用、そして現在海外在住のイタリアからの移民の子供たち用の申込書があります。試験時間は約2時間です。

レベルUno: CEFのレベルB1に相当します。実際の日常生活で使われるイタリア語に必要な能力があるレベルです。試験時間は約3時間です。

レベルDue: CEFのレベルB2に相当し、中級レベルです。さまざまな状況や立場で幅広く、イタリア語の基礎を使いこなせるレベルです。学業、仕事、楽しみのためにイタリアにいながらにして、適切に意思の疎通を図れるレベルです。このレベルを有する外国人学生は、大学入学の際必要なイタリア語試験が免除されます。試験時間は約4時間です。

レベルTre: CEFのレベルC1と同等で、イタリア語の高い能力レベルを証明します。さらに広範囲にわたる状況で、適切にイタリア語を使えるレベルです。試験時間は約5時間です。

レベルQuattro: CEFのレベルC2と同等です。母国語に近い最上級レベルです。公式、非公式に関わらず、あらゆる状況でイタリア語を完璧に使いこなし、専門的なイタリア語も適切に使えるレベルです。試験時間は約5時間半です。

CEF(共通参照レベル)

CILS検定レベル

基礎段階の言語使用者

A1

Cils A1

A2

Cils A2

自立した言語使用者

B1

Cils Uno - B1

B2

Cils Due - B2

熟練した言語使用者

C1

Cils Tre - C1

C2

Cils Quattro - C2

試験の構成

CILS検定試験の証明書を受けるには、試験に合格する必要があります。試験科目はリスニング・読解・文法・作文・会話です。これら全ての試験はCILSセンターにより作成、認定されます。

CILS検定試験会場


検定試験は、シエナ外国人大学、その他当校トッレ・ディ・バベレのような認定を受けた所定の学校、会場で開催されます。

CILS検定試験日程と申込締切日

検定試験は年に2回、6月と12月、全会場で一斉に行われます。

次回試験日

2012126(申込締切日: 20121026)

201366

201312月5

検定試験受験料 – 2012年

CILS レベル

受験料

1科目ごとの受験料

A1

€ 40

€ 12

A2

€ 40

€ 12

Uno - B1

€ 90

€ 20

Due - B2

€ 105

€ 23

Tre - C1

€ 135

€ 30

Quattro - C2

€ 160

€ 35

 

申込み

次の申込書をプリントアウトし、活字体で記入後、ファックスまたはemailで送付ください。

CILS 検定試験受験申込書

他に知りたいことはありませんか? ご質問はありませんか?  お問合せ

P-45-ja